Girls Job Change.com

仕事を辞めてゲームを楽しもう!

【ポケモンGO最新アップデート】ポケモンが博士に送れない?データ消えた?初期化など不具合が逆に増えた?

      2016/08/02

【ポケモンGOアップデート】ポケモンが博士に送れない?など不具合が逆に増えた?
ポケモンGOが知らない間にアップデートされていました。改善された点もあるものの、逆に不具合が発生した部分もありますので、まとめてみました。


ポケモンGOアップデート 3つの大きな改善点

ポケモンGOは今回のアップデートで3つの大きな改善を行いました。

地図バグの修正

道が途中から切れているなど、意味不明なガタガタ地図だった方も多くいたようですが、今回のアップデートでこれらの地図バグが修正・改善されました。細かく小さい道もきれいに再現されました。

スタート画面で注意文を毎回表示

『歩きながら画面を見続けたり、運転中のプレイはやめてください』

車の運転中にポケモンGOに注意を奪われ、起こしてしまった事故が400件くらいあるそうです。歩きスマホや自転車での事故は数えきれないほどでしょう。

マップ上のポケモンをタップしたら移動しても大丈夫なので、捕獲は安全な場所で行いましょう。

バッテリーセーバーモードが削除された

ポケモンGOは、常に起動状態でないと移動していると認識されないので、バッテリーの減少速度は速いです。また、外では画面を見るためにバックライトがほぼ最大ですので、さらにバッテリーの減りが加速されます。そこで、バッテリーをセーブするためにバッテリーセーバーモードがありました。

バッテリーセーバーモードだと、画面を水平より下側に傾けると画面が消えて、照明に掛かる電力が抑えられました。再度水平以上に戻すと画面の照明が元に戻ります。

しかし、戻した時に画面がフリーズしてしまうなどの不具合が多発しており、多くのポケモンGOガイドサイトでは推奨されていませんでした。

今回のアップデートでは、不具合が多過ぎるバッテリーセーバーモードは削除されたようです。

その他にも

  • トレーナーアバターの編集ができるようになった
  • 近くのポケモンの足跡が非表示になった
  • ポケモン詳細画面や捕獲画面が変更

ポケモンGOアップデート後不具合

ポケモンGOは今回のアップデート後に生じた3つの大きな不具合を調べました。

ポケモンを博士に送れなくなる?

ポケモンをアメに変えるために、ポケモンは博士に送ることができました。これまではポケモン詳細画面の一番下に『博士に送る』があったのですが、アップデート後はその表示が消えています

不具合だと思ったのですが、単なるデザイン変更のようです。

ポケモン詳細画面(博士に送るがあった画面)の右下に、三本線の丸いアイコンが新たに用意されています。タップすると以下の2つの機能が表示されます。

  • お気に入り
  • 博士に送る

これからは、このボタンからポケモンを『博士に送る』ようです。

初期化、データが消えるなどの不具合

アップデート後は強制ログインとなり、Googleアカウントなどの登録アカウントでの再ログインとなりました。ここで、データが消えたり初期化してしまうトレーナーがいたようです。

実際には、強制ログイン時に別のGoogleアカウントでログインしたことが原因で、最初からスタートになり、これがデータが消えたとか初期化されたとの勘違いを生んだようです。

もし、初期化したかもと思ったら次の手順で再ログインしましょう。

  1. モンスターボールアイコンをタップ
  2. 右上に表示される『設定』をタップ
  3. 一番下の『サインアウト』をタップ
  4. 別のアカウントでログイン
  5. 以前からポケモンGOのログインに使っていたアカウントとパスワードを入力

これで、もとのデータが復活するはずです。もしダメなら運営に問い合わせてみましょう。

バッテリーセーブモードが無くなり、スマホが高温に

バッテリーセーブモードが無くなり、常に最大の照明輝度でスマホが使用されるので、すぐにスマホ自体が高温になります。今は真夏ですから炎天下ではさらに熱くなるでしょう。

現在、高温になったスマホによって何か不具合が生じたなどの報告はありませんが、機械ものは熱に弱いので気を付けましょう。

まとめ

以上、ポケモンGOの最新アップデートで改善された修正点と不具合についてご紹介しました。

再ログインで初期化やデータが消えるなどの不具合が生じたユーザーが多いそうですので、もし身近にいたらサインアウトと再ログインでほぼ改善できることを教えてあげてください。


合わせて読みたい記事