Girls Job Change.com

ドラマとゲームが好きで仕事が嫌い。ポイントサイトでお小遣いを稼ぎながら旅行を楽しむ女性のための情報サイト。

ファッション業界で働く 1着の洋服ができるまでに携わる職種

   

商品の企画を立てる

デザイナーを中心に、営業関係者を交えて、次に売り出す服の企画を立てます。
今の時代に何が流行っているのか、素材や色、形などについて幅広く話し合います。

各担当者が集まり基本コンセプトを作成する

企画会議で売れるだろう、流行るだろうと思われる商品のコンセプトを作ります。
会議に出席したそれぞれの担当者が、自分の持ち場に関係するもの(たとえば予算の検討、市場調査、素材の選定など)を同時進行で行います。
一方、デザイナーは各担当者とさらに検討を重ね、デザインを煮詰めていきます。

素材や副素材を決める

デザイナーが中心となって、関連部署とも相談しながら、最もふさわしいと思える素材や副素材を決定します。

デザインの決定

いよいよデザインを決定します。
何パターンかのデザイン画の制作にとりかかります。

パターンの作成

決定したデザインを実際に立体化するため、パタンナーにパターンの作成を依頼・発注します。
(パターン:)

サンプルの制作とチェック

パターンを基にサンプルを作り、デザイナーをはじめ関係者全員で素材や着用感を入念にチェックします。
ここで問題がなければ、商品として決定され、いよいよ販売へと移ります。

販売促進活動

・同業関係者が集い、販売促進のための情報収集、販売方針などを検討します。
直営店だけでなく、他の取引店に細かい新商品の情報を知らせることも大きな仕事です。
・その一方で、広報担当・プレスがマスコミに対する販促活動をスタートします。
・販売促進活動の前に、商品によっては新作の展示会を開催することもあります。
一般商品の場合は、展示会を省いてすぐに販売促進活動に入ります。
展示会を開くときは、事前に関係者に通知を出します。

生産開始

まず商品見本を先上げし、最終チェックの後、本格的な生産を開始します。

営業活動

・いよいよ営業担当者の出番です。
営業会議や担当者との綿密な打ち合わせの後、店舗訪問がスタートします。
地方店との連絡もとりながら、直営店はもとより、新しい商品を契機にあらたな取引先も開拓しなければなりません。
・商品の売れ筋を見ながらの在庫管理も、営業に課せられた大切な仕事です。
・『デリバリー』と呼ばれる、小売店や直営店に卸すための配分や荷分け、物流センターへの発送なども行います。

店頭活動

店長セールス・マネージャーファッションアドバイザーたちとともに、よりいっそう商品が売れるように店頭販売を行います。
これは現場の「生きた情報」を入手することにつながります。
最近の大手メーカーでは、営業マンに代えて独自の販売員を派遣しているところも増えてきています。