Girls Job Change.com

ドラマとゲームが好きで仕事が嫌い。ポイントサイトでお小遣いを稼ぎながら旅行を楽しむ女性のための情報サイト。

くるくるワイドFX 運用3日目 112円を中心に上下に動くのでトラップトレードの回転率が好調

   

くるくるワイドの運用日記3日目です。

くるくるワイドFX運用状況

通貨ペア  ドル円
本体    111.5円
出口    116円
トラップ  10銭刻み50銭利益確定

現在値   112.2円

くるくるワイドFXの投資手法はこちらのページにまとめています。
>>【くるくるワイドFXの始め方】 どちらに相場が動いても対応できるテクニック

トラップ回転数     4回転
ヘッジトレード回数   3回
(4回目は塩漬け状態)

トラップトレードが好調 回転率が高い

112.1円 ⇒ 111.5円 ⇒ 112.4円と上下に動いてくれた相場だったため、トラップトレードにしっかりと掛かり4回転してくれました。

また、ヘッジトレードに関しては抵抗線での反発狙いのショートのみでエントリー、利益確定幅も10銭と狭いので比較的ヒットしやすく3回のヒットが出来ました。現在111.7円に仕掛けたヘッジトレードは現在塩漬け状態です。

本体が順調なのでプラス運用中ですが、いつ下落でマイナス運用になるか分かりません。くるくるワイドFXはこの初期状態で存在するリスクを短期トレードで打ち消していく作業を続けていくことで、安定したプラス運用を目指す手法です。

たとえスタートと同時に本体と反対方向に相場が進んだとしても、他のトレード手法のようにすぐに損切りはせず長期的に下落分を返済していきます。

反対方向へ進むことを魚屋さんは逆行と言っています。この逆行リスクを打ち消すトレード手法が複利であり、固定ポジションなのです。

複利と固定ポジション

複利とは?

複利を用いることで本体の買値を押し下げることが出来ます。また、複利分本体が増えるので、増えた分トラップトレード本数を増やすことが出来ます。 増やしたトラップトレードはトラップトレードを仕掛ける幅を広げるために使用しても良いですし、コアにレンジ形勢している部分に重ねても構いません。

複利の原資はトラップトレードの利益なので、トラップトレードがさらに回転するようになれば、複利を増やし本体リスクを緩和できるばかりか、出口においてさらに大きな利益を得られるようになります。

固定ポジションとは?

さらに固定ポジションは本体と反対方向に仕掛けるため、逆行した場合に利益が乗ります。もちろん本体方向に相場が動いた場合、固定ポジションはストップに掛かり消えてしまうので、損に思われがちですが、その頃には本体の利益が相当に乗っかっているはずです。

固定ポジションの原資は、ヘッジトレードです。本体と反対方向に10銭の利益が見込めそうなポジションで利食いすることで、細かく利益を積み増し、貯まったところで固定ポジションを建て、逆行リスクに備えます。

くるくるワイドFXの基本

くるくるワイドFXは、本体の利益 + トラップトレードの利益 + 複利 が基本です。
ヘッジトレードはあくまで下落リスクを薄めるための利益ですので、固定ポジションの解消で消えてしまっても良いものと考えられます。一種の保険みたいな感じですね。

株で言うところのオプションと同じかは分かりませんが、そんな感じだと勝手に思っています。

現在112.4円付近を20銭幅くらいで上下しているドル円相場ですが、ヘッジトレードを塩漬けしているので入れないもどかしさが辛いですね。