Girls Job Change.com

ドラマとゲームが好きで仕事が嫌い。ポイントサイトでお小遣いを稼ぎながら旅行を楽しむ女性のための情報サイト。

くるくるワイドFX 運用8日目 113円を超えて目指すは114円か

   

くるくるワイドの運用日記8日目です。

くるくるワイド運用状況

通貨ペア ドル円
本体 111.5円(5本)
出口 116円
トラップ 10銭刻み50銭利益確定

現在値 113.6円

くるくるワイドFXの投資手法はこちらのページにまとめています。
>>【くるくるワイドFXの始め方】 どちらに相場が動いても対応できるテクニック

トラップ回転数 7回転
ヘッジトレード回数 4回
4回目は塩漬け状態(111.77円)
目安113.75円で4.5本固定ポジション設定(112.4円で)

くるくるワイドFX運用状況 概要

週明けは0.4円程度の円安方向で窓を開けてのスタートになりました。トラップトレードはすでにヒットしていたので111.5円から113.6円まで仕掛けは発動しているものの回収できていない状態です。いわゆるトラップトレードの含み損。。。

トラップトレードの含み損が増えている時は本体が好調な証拠です。投資額は本体1に対しトラップトレードは0.5なので本体が好調ってことはプラス運用です。

4月1日に日銀短観が発表され、景況感の悪化を感じ円高方向に戻すとの予想もあるようですが、くるくるワイドFXとしては過度な予想はせず、流れに応じて柔軟に対応していきます。

とはいえ、複利を建てるための目安を近付ける接近戦を考慮するとしても、これだけ上昇の勢いが強いとなかなか手を出し辛いですね。逆行が始まれば、トラップトレードも利益が乗り、ヘッジトレードの塩漬けも解消します。目安も近付くため複利も建てやすくなるので、逆行リスクにもある程度は対応できる余力が生まれるでしょう。

投資はルールが大事

FXに限らず、株にせよ不動産にせよ、頑強なルールを作り忠実に従いながら運用していくことが大事だと言われています。確かにその通りで、ルールも無く勘だけでトレードする投資は投機でもなく、もはやギャンブルです。中には相場観が鋭くて、簡単に資金を倍々に増やしていくことが出来る方もいるでしょうが。。。

いざルールを作るとなると、最初に取り掛かるのはチャート解析のテクニカルではないでしょうか。私もそうでした。移動平均線がゴールデンクロスしたらとか、MACDが80%以上でデッドクロスしたらとか、ダブルボトムを形成したからネックラインから上昇だとか。

チャートのテクニカルな手法のルール作りに関する情報や書物、ブログや情報商材は多数あるので自分に最適なものを選択すれば良いと思います。

しかし、テクニカルなルール作り以上に大事なルール作りがあります。資金のルール作りです。結局ロスカットがいくらとか、何%で利確とかしか考えないことがほとんどではないでしょうか?2%ロスカット、10%利益確定とか。

そんな利益確定とロスカットに関することだけでなく、投資可能な総資産を用いた場合に史上最安値でも持ちこたえれる投資枚数はいくらかとか、その投資のために負うリスクはいくらかとか、そのリスクをヘッジするためにはどうすればよいかなどを考えることが大事ではないでしょうか?

最初に取り組むべきルール作りは、テクニカルな内容よりも資金運用方法に関する内容を決めるべきです。

この資金運用方法をエクセルなどで計算しはじき出しておくことで、予めいくらまで動いたらどれくらいのリスクがあるとか、最終的にはいくらくらい稼げるなどの計算が出来ます。この計算結果を知っておくことで、運用途中の逆行時にも安心して投資を続けられます。

くるくるワイドFXは最初に出口までの流れを考え、逆行時の対応も想定しています。投資資金の運用のルールがしっかりしているので、資金管理はしやすいです。複雑に思われがちなくるくるワイドFXの投資手法ですが、トラップトレードなどの短期資金で本体の長期投資リスクを0に近付けていくだけの至ってシンプルな内容です。裁量的に投資すべき方向(ショートかロングか)も決まるので、上がるか下がるかに悩まされることも無くなります。