Girls Job Change.com

ドラマとゲームが好きで仕事が嫌い。ポイントサイトでお小遣いを稼ぎながら旅行を楽しむ女性のための情報サイト。

出口 -くるくるワイドFX用語解説-

   

この記事は、くるくるワイドFXの用語『出口』について説明しています。

くるくるワイドFXの投資スタート時に決めるものは3つだけです。

  • 投資資金
  • 投資方向
  • 出口

投資資金

投資資金はそのまま投資可能な資金のことです。この投資資金には命金を使用してはなりません。どの投資もそうですが、生活資金で投資を行うのではなく生活時余剰資金、つまり無くなっても良いお金で行うべきだと考えています。

実際、命金を掛けないと真剣にならないなどのギャンブラー的な人たちもいますし、そのような投資指南本も多く出版されています。しかし、こと自分自身について考えると、例え余剰資金であれ含み損を抱えている状態は精神的にしんどいです。さらに損切りなんてかなりの精神的ダメージを伴います。

きっとこれらの含み損や損切りを冷静に行える人が投資家として成功するのでしょうが、私はいつまでもこの感じに慣れません。だって自分のお金が稼いだものであれ、もらったものであれ、無くなるのは悔しいですから。

ってことで、それが生活資金ともなると冷静な判断なんてもはや不可能だと思います。なので、投資資金は余剰資金でいくらまで使えるかを最初に決めておく必要があります。

投資方向

ロングかショートか。

単純に過去10年間の最安値と最高値から平均値を求め、どちらに寄っているかから決めます。最高値に近ければショート、最安値に近ければロングでスタートします。

また、直近で同じ抵抗線(支持線)で反発しているようなら同じポイントで反発したところで反発方向に本体を設定するのも一つの手段です。

くるくるワイドFXは投資方向に依存しません。本体方向に進んでもらえれば初期状態でプラス運用ができるため精神的には楽です。しかし、例えエントリーと同時に逆方向に進んだとしても、長期的にプラスに持って行くことがくるくるワイドFXでは可能です。

ゆえに、そこまでどちらにエントリーするかはそれほど考える必要はありません。

出口

くるくるワイドFXでは、エントリーと同時に出口を設定します。出口とは全決済する値のことです。

例えば、『ロングで100円からエントリーして、出口を110円に設定』みたいな感じです。本体自体が出口に辿り着いた時点でくるくるワイドFXは完結します。

上記の例で5万通貨を設定した場合、出口の110円到達時の利益は10円が5万通貨なので50万円です。この半分の25万円を用いて逆方向、この例ではショート方向にトラップトレードを仕掛けます。

10銭刻みだと100.00円から109.90円までトラップ本数は100本です。トラップトレードの値幅と通貨枚数から投資資金を計算します。

投資資金を求める簡易計算式は、(トラップ最終値-トラップ最初値)÷2×本数×通貨枚数で求まります。上記の例の場合、

(109.9-100)÷2×100×1000=49万5000円

となりほとんど本体の50万円と同じ投資金額になり、くるくるワイドFXとして運用できません。

 

そこで通貨枚数を1000通貨のまま値幅を20銭にするか、10銭幅のまま通貨枚数を500通貨でトラップトレードを仕掛け直すと、半分の24万7500円となり、これならくるくるワイドFXとして運用可能です。

まとめ

  1. 出口設定
  2. 出口での本体利益を計算
  3. 出口での本体利益の半分になるようにトラップトレードの値幅と通貨枚数を決める

ドル円では7円ごとにレンジが形成されることがあるとのことから、くるくるワイドFX本家の魚屋さんは7円先を出口に設定するそうです。また、支持線や抵抗線を目標に設定するのも良いでしょう。

この出口を設定することがくるくるワイドFXのスタート地点です。

さらに詳しいくるくるワイドFXの説明はこちらから
>>【くるくるワイドFXの始め方】 どちらに相場が動いても対応できるテクニック