Girls Job Change.com

仕事を辞めてゲームを楽しもう!

【WordPress】 サムネイル付きリンクをブログ記事内に貼る方法 タイトルや抜粋した文章も

      2018/05/20

ブログ記事を読んでいるとサムネイル付きリンクを見かけることがあります。記事のアイキャッチ画像をサムネイルにタイトル、抜粋した文章などが枠内に収まっていて視認性に優れています。WordPressでリンク設定をしたら こんな感じ ですので、サムネイル付きリンクの方がおしゃれでカッコイイですよね。サムネイル付きリンクってこんな感じです。

また、ブログはパソコンだけでなくスマホでの閲覧数も増えています。視認性の高いサムネイル付きリンクはタップされやすいので、内部リンクを回ってもらうことでページ閲覧数を増やし、結果的にSEO対策につながります。

今回は、そんなサムネイル付きリンクをWordPressのブログ内に貼る方法として以下の2点を、メリットデメリットを交えてご紹介します。

・はてなブログのブログカードを使用する方法
・WordPressのプラグイン『Pz-LinkCard』を使用する方法

はてなブログのブログカードを使用する方法

ほとんどのブログで使用されているはてなブログのブログカード。サムネイルにタイトル、抜粋文章も入っているおり、すべての希望を満たしています。

はてなブログのブログカードを使用するために、はてなブログなどに登録する必要は無く、下記のURLをブログ記事内の好きな位置に貼りつけるだけでOKです。最後の『http://hatenablog.com/embed?url=http://sample.jp/』の『http://sample.jp/』をリンク先のurlに置き換えれば完成です。下記に当サイトのページをリンクした場合を表示します。

下記にはてなブログカードを使ってリンクした場合を表示します。

はてなブログカードのデメリット

使いやすく導入しやすい、はてなブログカードですが、2つのデメリットがあります。

  1. はてなブログがブログカードサービスを止めると、ただの文字列だけになる
  2. urlへのリンク元が『はてなブログ』になってしまう

①はそのまま、はてなブログのサービスが何らかの理由で終了してしまえば、そのサービスが使えなくなるってことです。

②は上記のurlが から始まっているために、リンク元が自身の記事ではなく『はてなブログ』になってしまうことを意味します。そのため、リンク先のブログ担当者には『はてなブログ』からのリンクと認識されてしまい、あなたのサイトからのリンクとは認識されない可能性が高いです。せっかくの外部リンクが相互リンク化される可能性が低くなるので、SEOの効果として勿体ないです。

WordPressのプラグイン『Pz-LinkCard』を使用する方法

WordPressのプラグインとして『Pz-LinkCard』がありますので、こちらを新規登録します。プラグインを有効化し、下記ショートコードをブログ記事内の好きな位置に貼りつけるだけです。最後の『url=””』の『””』内をリンク先のurlに置き換えれば完成です。下記に当サイトのページをリンクした場合を表示します。

『Pz-LinkCard』のデフォルトの形式は凝ったデザインになっているのですが、私は『はてなブログ』風にアレンジしている方がユーザーの視認性が高いと感じたので、アレンジを加えています。なお、『はてなブログ』風アレンジに関しては下記のサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

『Pz-LinkCard』のデメリット

WordPressのプラグインなので、WordPressでしか使えません。その他のブログサービスを利用している場合は、上記のはてなブログカードを使用することになるでしょう。

さらに、微妙な設定をしたい場合は基本設定の値を動かすだけでは難しく、CSSの知識が必要になります。もちろん、そこまで細部にこだわりが無いようでしたら、『Pz-LinkCard』のプラグインの基本設定の値を動かすだけで、十分おしゃれなサムネイル付きリンクを作成することができます。

まとめ

WordPressのブログ記事内にサムネイル付きリンクを作成する2つの方法を紹介しました。はてなブログカードも、Pz-LinkCardもどちらも使いやすくおしゃれです。面倒なことをせずサクッと導入したい場合ははてなブログカード、自身のブログイメージに合わせて色や文字をカスタマイズしたい場合はPz-LinkCardがオススメです。

こちらのサムネイル付きリンクを導入したことでPV数が上昇しましたので、SEO対策にもなりますよ。

オススメの記事はこちらから