どっちが安い?グアム・沖縄・石垣・宮古への子連れ旅行を比較

関西発、グアム、沖縄、石垣島、宮古島の子連れ旅行を比較しています。どっちが安いのか、何歳くらいまでの子連れなら安心して楽しめるのか、航空券やホテル代を安くする方法は?など、これから南の島へ子連れ・幼児連れで旅行を計画しているパパ、ママの参考になるような情報を掲載しています。

グアム旅行の費用 7月子連れ家族旅行にかかった金額は**万円

      2019/08/01

この記事は、子連れ家族4人グアム旅行にかかった費用の総額について書いています。

  • グアムに子連れ旅行するのにいくらくらいかかるのか?
  • 7月の相場はいくらくらいか?

このような内容で検索されている方に、私の実体験を元にした情報を紹介します。

この記事を読むと次のようなことが分かります。

  • グアム子連れ家族旅行にかかった費用の全額
  • パッケージツアーと個別注文の比較

それでは早速行ってみましょう。

 

グアム家族4人子連れ旅行にかかった費用の総額

グアム家族4人子連れ旅行にかかった費用

  • パスポート取得代(5年)
    大人11000円 x 2 = 22000円
    子供6000円 x 2 = 12000円  合計 34000円
  • ユナイテッド航空(往復) 10万円 x 4人 = 40万円
    実際には8万マイルの特典航空券で行きました。
    燃油サーチャージ:37800円
    席交換費用:100ドル(1万円
  • PICグアムホテル宿泊(4泊5日):1120ドル(12万円くらい)
  • タクシー、バスの交通費:110ドル(12000円くらい)
  • 食事代:400ドル(4万円くらい)
  • アクティビティ:200ドル(2万円くらい)
  • お土産:300ドル(3万円くらい)

 

飛行機代を抜いた家族4人子連れ旅行の費用は、20万円。飛行機代40万円を合わせて、60万円でした。

子供は初めての海外旅行、私もパスポート期限が切れたので再取得しました。燃油サーチャージや空港利用税は一人9450円。

家族で並び席を取得するために、ユナイテッド航空のホームページで席を再取得した際に席交換費用がかかりました。

お土産は免税店のDFSでブランド物を購入しました。

 

マイルで旅行する方法は、この記事にまとめています。

 

グアム家族4人子連れ旅行の内容

  • ユナイテッド航空往復
  • PICグアムホテルに宿泊(4泊5日)
    朝食はホテル宿泊費に含む
  • 移動はタクシー、バス
  • 食事は予約なしで、好きなものを注文
  • アクティビティは、PICグアムホテルのプール遊びがほとんど

 


 

関空からグアムの直行便はユナイテッド航空だけ

チェジュやティーウェイなどのLCCは除外。

ANAやJALを利用する場合は、羽田と成田を中継して10時間以上コース

ANAやJALのグアム直行便は、成田からしか出ていません。関西国際空港からグアムへANAやJALで行く場合、羽田を経由し、成田に移動して、成田からグアムへ向かうという大変な旅程になります。

  1. 関空 → 羽田
  2. 羽田 → 成田(リムジンバス3200円)
  3. 成田 → グアム

羽田成田間でかなり待たされることもあるので、移動時間の合計は10時間以上になります。

関空からグアムへの直行便は、1日1便のユナイテッド航空に乗るしかないようです。

 

ユナイテッド航空の発着時間

  • 関空 → グアム : 11:05発-15:45着
  • グアム → 関空 : 7:15発-10:15着

関空とグアムを直行便で結ぶ路線は、1日にこの1便だけのようです。

 

ユナイテッド航空の航空運賃(大人一人当たり)

  • 7月:9~12万以上
  • 8月:5~10万円
  • 9月:4~7万円

夏休みやゴールデンウィークなど、利用者が増える時期に一気に値段が上がるようです。

 

 

JTBなどのパッケージツアーとの比較

JTBで同等の旅行を予約した場合

グアム子連れ旅行費用

  • ユナイテッド航空の同じ飛行機を利用
  • 宿泊先はPICグアムホテルのロイヤルタワーデラックス
  • 赤いバス滞在中利用し放題
  • ホテルへの送迎付き

上記の私のプランと同じですが、アクティビティや食事代、お土産代などは含まれていません。

これですでに60万円ですから、いかにパッケージツアーが高いかが分かるかと思います。

 

飛行機代をマイルで払うと旅行代金はかなり抑えられる

家族4人で子連れ旅行をする場合、純粋に4人分の飛行機代や宿泊費が必要になります。一人10万円でも40万円です。この旅行代金の多くを占めるのは、飛行機代です。この飛行機代を安くするには、2つしか選択肢はありません。

  1. 夏休みなどの高額時期を避けて、9月や10月に旅行する
  2. マイルを貯めて、特典航空券を利用する

 

子供が小さく、小学校などに入学していない年齢であれば、夏休みシーズンを避けるだけで、飛行機代はかなり安くなります。9月発のユナイテッド航空グアム便の往復運賃は一人4万円です。子供がまだ小さいのであれば、旅行の日程を検討すべきでしょうね。

しかし、小学生以上のお子さんの場合、9月からは学校が始まるため、旅行をするために学校を休ませることになります。学校を休ませたくない場合、どうしても夏休みシーズンに旅行を予定しなくてはならなくなります。多くの家庭がこの夏休みシーズンに旅行を予約するので、必然的に飛行機代は高くなっています。

この飛行機代が高額なシーズンでも、多くの費用を払わずに旅行する方法が、特典航空券です。マイルを貯めて特典航空券を取得すれば、シーズンに関係なく、一人2万マイルで旅行することが出来ます。

 

 

まとめ

  • 7月に家族4人で子連れ旅行をした総額は60万円
  • 関空からグアムへの直通はユナイテッド航空だけ
  • パッケージツアーは旅費だけで60万円かかる

 

グアム旅行は時期によっては、飛行機代がかなり高額になります。しかし、時期をずらしたり、特典航空券を利用することで、かなり旅行代金を安くすることが出来ます。パッケージツアーは、すべてを旅行会社に任せられるので楽な反面、かなり高額になるので注意が必要ですよ。